エッセイ・記事などの新着情報

著作


→ Amazonはこちら
→ 楽天ブックスはこちら

『8000人を抱いたエリート校出身AV男優・森林原人のケーススタディで学ぶ 「人生最高のセックス」でもっと気持ちよくなる』(KADOKAWA)2016.12.15

あなたは純度の高い(頭を使わない)セックスをしていますか?

セックスは人間にとって身近な存在でありながら、究極のプライバシー的行為であり、他人と気軽に話し合うことはなかなかできません。思い悩んだとき、一体どこの誰に相談すればいいのか…
現役のトップAV男優・森林原人が、多くの女性が密かに抱えるセックスの悩みを解消へと導きます。女性のナマの声から生まれた“ケーススタディ”が本に!
本書を読み終えたとき、それまでに抱えていたセックスについてのわだかまりがスッと溶け、心が軽くなっていることに気付くはずです。

秀才エリートAV男優ならではの、知的なエロ名言の数々―あなたはどの言葉にココロが疼きますか?
(以下、本文より抜粋)

・セックスを怖がらないでください。「こんなものか」と諦めないでください。
・一晩ベッドを共にしてからその先のことを考えるぐらいがちょうどいい。
・男女がお互いに「挿れてから、馴染むまで待つ」ことができれば、女性の膣が緩いなど気にならなくなる。
・男の勃たない、中折れの原因は、ほとんどが女性のせいではありません。
・オナニーは女性が自分の体を知り、快感神経を鍛えるために、欠かすことのできない大切な行為。
・性癖の否定は人格の否定です。
・性欲を満たし、人生を充実させるためであれば、相手を制限せずに自由にセックスしていい。

☆巻末特集『産婦人科医が教えてくれないアソコの話』特別収録!

 


→ Amazonはこちら
→ 楽天ブックスはこちら

『イケるSEX』(扶桑社)2016.09.29

「おもしろい」「気持ちが軽くなりました」「感動しました」の声多数!

「女子SPA! 」の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が待望の書籍化!
経験人数8,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。

<相談内容>
・彼がゴムを付けてくれません
・彼のモノが小さすぎて……好きだけど限界です
・彼がひどい早漏で困っています
・口ですると彼が萎えてしまうんです
・「首を絞めて殺したい」とラブラブな彼に言われました
・イヤイヤ舐める夫にイライラします
・自分から夫を誘えません
・性欲はあるのに私とはしない彼、冷めたということ?
・「イク」という感覚がよくわかりません
・“30代処女”は重いですか?
・いつでもしたくてたまらない……この性欲、どうすれば抑えられますか?
・女性もひとりHしすぎるとイキづらくなるんですか?
・上になった時、どう動けばいいのかわかりません
etc.

 


→ Amazonはこちら
→ 楽天ブックスはこちら

『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社文庫)2016.06.15

「好きな人ができたとき、あるのは愛でしょうか、それとも欲望でしょうか?」
AV男優・森林原人は考える。
「私はセックスを見せることが本分であるAV男優です。二十歳から初めて三十七歳の今に至るまで、八千人と一万回以上セックスをしてきました。多い時で日に十八人。三日として空くことなくセックスしています。もちろん、その大半が仕事ですが、彼女やセフレともセックスしてきました。僕は気持ち良いことが大好きで、だから、セックスが大好きです」
偏差値78の進学校からAVの道へ進み、いまや超売れっ子のAV男優が体で感じ理解したこととは。
「その好きは人を好きとは別な感情・欲望なのでしょうか?」
この本は、セックスの価値観を根底から変えます。

「性に興味のない人は、人そのものに興味ない人で、寂しい人です」ーこれはなんたる金言だろうか。
森林原人は、性の森林に住む“賢人”だ。分泌と文筆を両立する最先端の“現代人”であり“哲人”だ。
ー水道橋博士(浅草キッド)

切なく、泣いたり笑ったりしながら。一気に読みました。
森林原人さんは、八千人の女とセックスして八千本の物語を生んだ、「男根の表現者」です。
ー桜木紫乃(直木賞作家)

解説ー花房観音(団鬼六賞受賞作家)

 

プロフィール

森林原人

1979年、横浜生まれ。横浜育ち。

地元では神童と呼ばれ、中学受験で麻布、栄光、筑駒、ラサール全てに合格し、筑駒に入学。そこで本物の天才達を目の当たりにして人生初の挫折。同時に第二次性徴期を迎え、勉学に向けられていた努力は、性的なことに対する情熱に変わる。お小遣いやお年玉は全てエロ本に消え、付いたあだ名は“歩く有害図書”。当然の如く東大受験失敗。一浪した後、専修大学文学部心理学科に進学。映画『Shall we ダンス?』に感動し、社交ダンスサークルに入るも、パートナーが見つからず、鏡に向かって1人でダンス。そんな自分に嫌気がさし自暴自棄になり、性的衝動の勢いも借りて1999年より性に携わる仕事を開始。

2018年現在、経験人数延べ9,000人、出演本数10,000本以上。下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験。

『性と向き合い、性を知り、性を楽しむ』をモットーとしたリビドーリブ(www.libidolib.com)を主宰。執筆や講演を通し、性を必要以上にタブー視したり、聖なるものや悪なるものと決めつけない考え方の普及活動に力を注ぐ。

●オンラインサロン 森林公園(もりばやしこうえん)
●リビドーリブ
●産婦人科医とAV男優が考える必修科目としての“性教育”
●twitter 森林原人
●twitter 本当の性教育