“好き”ってなあに①~好きだから苦しい~  森林原人の「続・セックス幸福論」

「好きな人ができました」そこにあるのは愛でしょうか、それとも欲望でしょうか。

これは、拙著『セックス幸福論』のまえがきで書いた一文です。この問いへの答えを一冊かけて書いたつもりなのですが、実は今でも迷っています。もしかしたら違ったんじゃないか、もしかしたら問いのたて方自体が間違っていたんじゃないかと。

好きな人ができるのって、凄く素敵なことですよね。それは、人生に彩りを添えてくれるような、昨日まで見ていた景色が別物になるような不思議な出来事です。これってなんでなんでしょう?

好きな人がいると、感動しやすくなりませんか。以前は見向きもしなかった道端の花を綺麗だと感じたり、偶然耳にした恋の歌が自分のテーマソングのような気がしたり。

心の感度が明らかに上がっているんですよね。

つづきはこちら → 森林原人の「続・セックス幸福論」