“好き“ってなあに⑦〜支配関係〜

人と人をポジティブに繋げるものに、“好き”“憐れみ“  ”共感”があります。自分の恋愛やパートナシップを構成しているものがどれなのか?と考えていくと、今後の課題が見えてくるでしょう。

中には、このどれでもないという人もいるはずです。そういう人は、なぜいつも長続きしないのか?とか、どうして同じタイプの人と付き合って同じような傷つき方をしてしまうのか?と悩んでいることでしょう。その人達は、相手と支配関係や契約関係、ようするに割り切った関係で繋がっている傾向が強くあります。

自分の恋愛が、好き・嫌いの感情で成り立っているのではなく、主人と奴隷のように一方的に主導権があるような契約関係になっていることに気づくのはかなり難しいです。というのも、誰もが自分の感情や選択、価値観を正当化してしまう傾向があるので、間違いを間違いとせず、愛とはこういうものだと自分に言い聞かせたり、生活していくことを優先するために自分の感情を否定し、犠牲にしていくのです。

つづきはこちら → 森林原人の「続・セックス幸福論」